運動していないのに1日で1kg減っている事実

今朝体重を測ると昨日の朝体重を測った時より約1kg減っていました。

昨日はほぼ座っているか寝ていて、ずっと足を冷やしていたのですが。

つまりワークアウトはゼロでした。

昨日の消費エネルギーは 安静時消費が1,619kcal アクティブエネルギーが280kcalで

総消費エネルギーは約1,900kcal。

普段の消費エネルギーが約2400~2800kcalなので500~900kcal少ないわけです。


もちろん意識的に食べる量を極端に減らしたわけではありません。

普段はほぼ1日1食のお米も2食食べたし。

でも全体的には総摂取カロリーとしてはそれほど食べてはいなかったんですね。

脳と体が勝手に調整をしていたようです。


体調が悪い時に「無理してでも食べた方が良い」という人もいますが、僕はオススメしません。

まず体調が悪い時は消化器系も疲弊している。

食べるという行為、そして消化自体が体に負担をかけるものだという事を理解して欲しいのです。

多くの動物は体調が悪ければ食事を摂らずじっとしています。

活動量が減り消化器官も弱り、悪い部分の回復に集中しなければいけない体調が悪い時に無理に食べるのは逆効果。


さらに「こういう時ほど動けば治る」なんてワークアウトするのはもっての外ですよ。

そういう人は脳内が「ノルアドレナリン」と「ドーパミン」優位なのでしょう。

ワークアウトする事で「気分がアガル」のだと思いますが、体は悲鳴をあげています。

健康な時はそれは悪いことでは無いのですが、体調が悪い時は気をつけてください。


昨日は僕はできるだけ体も脳も興奮させないようにして過ごしていました。

そして水を多く摂り、その分トイレに行き、水分の循環を良くしています。

それにトイレに行く時には必ず立って歩く。

その時に例えば食事の準備をするなど様々な用事を済ませます。

そうすることで1日の立ち上がる回数を増やすわけです。

合間には目を閉じて悪い部分に意識を集中させながら、深い呼吸とともに心を落ち着かせ、セロトニンの分泌量を増やすイメージで何度か瞑想をしました。

この「瞑想」は「マインドフルネス」の勉強を通して、ここ数年で手に入れた僕の新しい武器ですね。


ただ抵抗力を増す事とカトボリックな状態、つまり筋肉などの大切な組織を分解してしまう事を防ぐためにサプリメントの摂取はきちっとしていました。

普段より多めに摂っていたのは「BCAA」「グルタミン」「ビタミンC」「クエン酸」ですね。

BCAAはこれ!

MYPROTEINにはこんなヴィーガン用のBCAAもあるのです。

素敵。

それ以外に普段飲んでいるものは量を調整して飲んでいました。

今度僕が普段飲んでいるサプリメントについても書きますね。


そのせいか今日はだいぶ回復しています。

明日から徐々に復帰したいと思います。

あと1日の辛抱ですね!


皆さんも素敵な日曜日を!



Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000