代謝能力の向上に伴う変化 2.肺

代謝能力を向上させる事ができる運動を継続すると、身体の各部にさまざまな変化が起こります。
各部に起こる変化について簡単に解説するシリーズのVol.2。今回は肺に起こる変化です。

肺は心臓から送られてくる血液に新鮮な酸素を与え、二酸化炭素を取り除く『ガス交換』を行う器官です。

そのガス交換を行うのが、肺胞で肺内部のブドウの房のような形状の袋状の器官です。

代謝能力を高めるような運動を継続的に行う事でこの肺胞の壁のヒダのような形状が増え、それによってガス交換の効率性が上がるため、多くの酸素を取り込む事ができ、それが代謝能力の一因です。

元気で強い横隔膜・腹横筋と肺の組み合わせが、多くのエネルギーを継続的に作るために必須である呼吸を司っています。

いつもは無意識にしている呼吸。
たまには健康な呼吸器に感謝しながら深呼吸してみましょう!
空気がおいしく感じるかも🤪🤩👍🏻


Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000