痛風に関する記事を読んで

適度な規則正しい運動も重要ですが、ただ男性の場合それが過度なウエイトトレーニングになると発作を促す事にもなります。

過度なウエイトトレーニングはその後のテストステロン(男性ホルモン)値を上げる事に繋がりそれが発作に繋がるからです。

必要なのは適度な有酸素運動で最大強度の60〜75%程度の強度で週に150分以上の運動を指します。

もし記事でアドバイスをしたいのなら記者も医者もそこまで明確にすべきであり、運動がその種類と強度によって逆効果に繋がることも明記すべきです。

実際に過度なウエイトトレーニングとプロテイン摂取で痛風になっているトレーニング愛好者やアスリートも多いのですから。

Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000