スナック菓子をなぜやめられないのか?③

朝からセッションが続き、やっと休憩!
今朝から書いているシリーズの最終回です。

スナック菓子をやめられない理由の③は当たり前ですがその味ですね。

加工食品に中毒性があるのは、精製された砂糖や人工甘味料、食品添加物が脳に作用する成分が何で、どれくらいのパーセンテージにすると最も効果を発揮するのかがわかっているため、それに基づいて配合しているとも言われています。

そのあたりはドキュメンタリー「甘くない砂糖の話」「食品業界に潜む腐敗」などに詳しいので興味がある方はご覧ください。

ポイントはその「味」というのは味覚として自覚がある「味」だけでなく、自家がなくても脳が受け取って反応する「味」も含まれるということ。

つまりその味を美味しいと感じて好きだからだけでなく、知らないうちに脳が中毒になっているという事なんです。

ですからアメリカなどではスナック菓子を「マイルドドラッグ」と言ったりもします。

もちろん絶対食べてはいけないとは言いませんが、もし「健康でいたい」「ダイエットしたい」と思う方は、できるだけコントロールすることをオススメしますし、なぜコントロールしづらいのか?その原因を頭で理解してほしいと思い、今回書いてみました。

1人でも多くの方が健康でいられますように。

Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000