座りっぱなしにならない生活 世界的な流れです。

TRXデュオトレーナー | TRX® Training Japan

体操競技で使われる吊り輪を進化させた、二点支持の自重トレーニング器具が誕生TRXデュオトレーナーは、TRXと米国で有名なクロスフィットのコーチであり、理学療法士でもあるケリー・スターレット氏が共同で開発した革新的なトレーニングギアです。体操競技で使われる吊り輪を原型にした二点支持のアンカーポイント構造が、プルアップ、ディップスなどのぶら下がり系エクササイズの幅を格段に広げてくれます。安全性&利便性インフィニティ―アンカーによる素早く効率的な設置、長さの調整が可能。様々なシチュエーションでトレーニングを安全にサポートします。怪我の予防水平なハンドルは、全体重がかかる状態でも手首のアライメントを適切に保ち、身体のメカニクスを最適化できます。トレーニングの多様性デュオトレーナーのモバイルグリップ(特許出願済)は、プルアップやトウズトゥーバーなどのぶら下がり系エクササイズを、より安全に行うことができます。マクロとミクロの調整インフィニティーループによる大きな調節と、モバイルグリップによる小さな調節が可能。多様なエクササイズの選択肢多様な長さの調整に加え、フットクレードルを利用すれば、トレーニングの幅がさらに広がります。サーキットトレーニングデュオトレーナーは、その携帯性と汎用性により、グループでも、パーソナルでも、さらにはサーキットトレーニングにも簡単に取り入れることができます。吊り輪は、数百年にわたり使われてきたトレーニング器具であり、ストレングス&コンディショニングプログラムにおいて、主要な器具の地位を保っています。 TRXデュオトレーナーは、その吊り輪の特性を保ちながらも、より幅広いレベルの人が利用でき、より多くのエクササイズを行うことができるよう設計されており、筋力、可動性、持久性、柔軟性といった身体のあらゆるフィットネス要素を向上することができます。TRXデュオトレーナーのまっすぐなグリップは、握りの快適さを高め、安全で優れたサポートを提供すると共に、効率的な力の伝達を可能にします。製品内容TRXデュオトレーナーの共同開発者であるケリー・スターレットは、優秀なコーチ、クロスフィットの専門家であることに加え、理学療法士の資格を持ち、New York Timesのベストセラーともなった「Becoming a Supple Leopard」(日本語未訳)の著者でもありま

trxtraining.jp

TRX デュオトレーナーを共同開発したアメリカの理学療法士、ケリー・スターレット氏。

僕の愛読書であるファンクショナルトレーニングについての名著"Becoming a Supple Leopard"「しなやかなヒョウになる」の著者でもあります。


そのケリーが2016年に出版した「Deskbound Standing up to a sitting world」を発見。

早速手に入れました!

座り続けることによって起こる不適切な姿勢のパターン。

それを改善するための日常的エクササイズ。

スタンディスクデスクの利点とその活用方法。

パソコンなどのブルーライトと睡眠の関係。

座りすぎによって起こる不調を改善するための筋膜リリースについて。

などなどフィットネスクラブでのワークアウトをする以前に、より多くの方に本来必要な内容が満載です。


じっくりと読んで学びたいと思います。


Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000