TRX プッシュアップの前段階でやるべきエクササイズ

このエクササイズの名称、わかりますか?
これ、「TRXチェストプレス」と言います。
「TRX プッシュアップ」じゃないですよ!
たまに間違っている人がいるのですが。
これが「TRX プッシュアップ」です。
このエクササイズの違いはなんでしょう?
簡単に言えば「TRX チェストプレス」は手に不安定要素があり、「TRX プッシュアップ」は脚に不安定要素がある。
これが大きな違いです。

ただ「TRX チェストプレス」は足の位置をアンカーポイント(サスペンショントレーナーを固定しているポイント)から近づけたり遠ざけたりする事で強度を変えられますが、「TRX プッシュアップ」は基本的に自体重を軽減する方法がありません。

つまり床で脚を伸ばした普通の腕立て伏せができない人は下半身に不安定要素があり、より強度・難易度の上がる「TRX プッシュアップ」を取り入れる事ができません。

そこで通常の腕立て伏せをするプロセスと並行して、下半身に不安定要素のあるプッシュアップを取り言える事で、「TRX プッシュアップ」へのプロセスをよりスムースで効果的にします。

そのためのエクササイズとしてクエストではこんな工夫をしています。
これはTRX デュオトレーナーという器具で、下の部分の輪っか状のフットクレードルが床から10cmくらいの高さに設定し、そこにウレタンでコーティングされた丈夫なエクササイズバーを通して渡してみました。
そのバーに膝の上部の大腿部を乗せた形でプッシュアップをしています。
こうすると床で行う膝付きの腕立て伏せよりも不安定要素が発生します。

こんな風に強度とバランス的な難易度の両面から様々な変換方法(モディフィケーション)をカバーするエクササイズを段階的に取り入れると、難しいと思われるエクササイズが誰でもできるようになります。

「クエスト」ならではの様々なエクササイズで、多くのクライアントの方々が、今までに感じたことのないカラダと動きの変化を実感してくださっています!

それが僕にとっての最高の喜びです。

Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000