科学的に感染症を防ぐ方法⑤

上記の記事を参考に、感染症を予防する方法についてお伝えするシリーズの5回目です。

5.お酒を飲むのをできるだけ避ける
「酒は百薬の長」などと言われたのは大昔の話。
科学的にはアルコール摂取がガンやウイルス性疾患のリスクを高める事がわかっています。
上記の記事でもアルコールが体内の免疫系の司令塔である樹状細胞にダメージを与える事を言及しています。

「アルコールを飲んでストレス解消しないとやってられない!」なんて言う方も多いのかも知れませんが、実際にお酒を飲む事は睡眠時間を短くし、樹状細胞にもダメージを与えます。
決して免疫系を高める事はありません。
せめてこんな時期だけでもお酒を遠ざけてみませんか?

岩沢のプライベートを知っている方はわかると思いますが、僕は元々すごく飲むんです。
しかも強い!
食事をしながらビールを1リットル、紹興酒やワインを1本なんて飲んだうちに入らないくらい飲んでいました。
それだけ飲んでも肝臓の数値が悪くなった事は一度もないくらい。
しかしこの数年で意識的に飲まないようにしています。
今では週に1度缶ビールを1本飲むか飲まないかくらいです。

やはり科学的に考えてメリットよりもリスクの方が圧倒的に多いですから。

アルコールを全く取らない方が睡眠の質も上がり、より免疫系は高まります!
ぜひ多くの方にお勧めします!

Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000