低強度有酸素運動について

これは今日午前の有酸素運動の時の僕のApple Watchの画面です。

心拍数は106を表しており、これは計算上僕にとって最大運動強度の65%である事を表しています。

これくらいの強度の有酸素運動を週に6日、毎回20〜30分、朝の空腹時に行っています。


これが僕にとって1日のウォームアップの役割を果たしています。

この前もしくは後に「筋膜リリース」を10〜20分、そしてヨガやピラティスを取り入れたワークアウトを20分前後。

最近午前中は大体こんなプログラムです。


一般の運動習慣がない人の場合、まず運動習慣を身につけ、体力レベルを引き上げる事が大切。

そのためのベースになるのは有酸素能力です。

有酸素能力とは身体中に酸素とエネルギーを送り、生きるためのエネルギーを作る基礎となる力です。

筋肉が収縮するのも、脂肪をエネルギーとして使うのも、立ったり歩いたりしても疲れないのも、集中力を切らせずに考え続けられるのも、有酸素能力のおかげです。

運動習慣がない人や低体力者が有酸素能力を向上させるためには、まず低強度の有酸素運動から始めましょう。


もちろん活動強度の向上=消費エネルギーの増加や脂肪燃焼を狙うなら、もう少し高い運動強度が必要です。

しかし焦りは禁物です。

メディアが「短時間で効率的に脂肪が燃焼する!」といくら高強度の運動を勧めたとしても、そしてそれをやってこの体を作ったという有名人がテレビやSNSに現れたとしても。

試してキツくて続かないで挫折する。

こんな失敗を繰り返してはいけません。

なぜ失敗するのか?

それはあなたにとってその運動はキツすぎるからです。


まず体力のベースを引き上げる事から始めましょう。

最初はあなたの最大運動強度の50%くらいの強度の運動で十分です。

それを1日10分。

もしできるなら1日2回。

例えば通勤の往復で今よりも10分ずつ歩く時間を増やす。

これならできるという人も多いのではないですか?


ジムに行く事を考えるのはその後でも遅くありません。

だってそれができない人がジムに入会しても、そのジム通いが続くとは思えないので。

もう、この35年間、そんな人を数限りなく見て来ているのです。


あなた自身が本当にあなたを変えたいなら、1日10分×2回、歩く時間を作る。

ここから始めてみませんか?

Yosuke Iwasawa My Fitness World

トレーナー歴35年、東京都新宿区四ツ谷で パーソナルジム「ファンクショナルトレーニングラボ クエスト」を経営する岩沢陽介が 健康を求める全ての方に送る「フィットネスワールド」 あなたの今日と明日、そして人生が変わる。 そんなメッセージをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000